商工会議所と商工会の違いについて

知っておこう商工会議所と商工会の違い

上手にフル活用しよう!

大事なお金の相談

商工会議所や商工会の相談窓口で相談できることは様々ありますが、これから起業するという方にとって最も嬉しいのが資金調達の相談ができることではないでしょうか。
そもそもの起業に必要な準備や、資金調達の方法などを具体的に指導してくれます。
経営に必要な資金を把握したり、実際にどこで資金を得るかといったことを一人で悩まずに決めることができます。
はじめて起業するわけですから、分からないことがたくさんあって当然です。
そういった方のサポートをするために商工会議所や商工会が存在しているわけですから、ぜひ最大限に利用しましょう。

また、国から小規模な企業を対象とした無担保&保証人なしの補助金をだしていますから、そちらの案内なども併せてしてくれます。

貴重なアドバイスをもらおう

前述したように、商工会議所や商工会には経営指導員が常駐しています。
もし経営を改善したいと考えているのであれば、具体的かつ有用なアドバイスを経営指導員からもらうことができます。
なかなか自分で勉強したり、周りの人に聞きづらい話でしょうから、こういった機関の存在は本当にありがたいですよね。

また、弁護士や税理士といったプロフェッショナルの方による無料相談や、講演会など、自分の経営に役に立つサービスが充実しています。
ぜひ、会員になることを選択肢にいれてみてください。

会員になることで、地域とのつながりがより色濃くなり、会員用のセミナーに参加できたり、融資の斡旋をしてもらえたりといった、いいこと尽くしなのです。


この記事をシェアする
TOPへ戻る