商工会議所と商工会の違いについて

知っておこう商工会議所と商工会の違い

起業するときの強い味方!

まずは、商工会と商工会議所がそれぞれどんな機関なのかを詳しく見てみましょう。 名前も似ていますし、企業経営者や起業しようと考えている方でない限り、なかなか身近なものではないように感じるかと思います。 だからこそ、それぞれがどのような特徴を持っているのかに注目して読んでみて下さい。

商工会議所と商工会の違いを知る

前のページで商工会議所と商工会それぞれについて詳しく知ったところで、このサイトのメインテーマでもあるその違いについてご紹介していきたいと思います。 起業したいと考えている方にとって強い味方になりうるこれらの機関の違いをよく理解して、上手に活用していきましょう。

上手にフル活用しよう!

起業して間もない方や、これから起業しようと考えている方にとって強い味方である商工会議所と商工会を、より上手に利用するにはどうすればよいのでしょうか。 このページでは、様々な企業の活用例をご紹介したのち、その活用方法についてご説明していきたいと思います。

商工会と商工会議所について

社会人の方の中には、ある程度自分の仕事に慣れてきたところで、いつか独立して自分の会社を作りたいと考えている方もいらっしゃるかと思います。
自分のやりたかったことを実現したり、就職先で得たスキルを生かした新しい事業を興したりと、そのやり方や目的などは人それぞれです。
個人事業主、つまり個人でお店などを経営している方や、法人として起業する方と、起業の仕方やスタイルにも違いがあります。

こういった違いはあれど、起業するための苦労や悩み事はほとんど同じです。
経営を始めるにあたり、様々な準備が必要です。
例えば、経営計画書を作成して提出したり、毎年の確定申告について考えたりといった、経営に欠かせない大切な事項がたくさんあります。
初めて起業する方のほとんどが、こういった手続きで苦労しています。
では、なにか質問したいことができたり、一緒に考えてほしいと思った時に、誰に相談すればよいのでしょうか?
もちろん、身近な人に詳しい方がいらっしゃるのならその方に相談すればよいのですが、ほとんどの方は自力でなんとかするしかない、という場合が多いと思います。

そんなときに助けてくれる心強い味方が、商工会や商工会議所といった機関です。
この2つは、法律で定められた公的機関です。
名前はどこかで見聞きしていても、どういった機関なのかなど、詳しく知っている方は少ないのではないでしょうか。
事業を行っている方以外は、ほとんど関わらないので当然なのですが、このサイトではこれから起業しようと考えている方、起業して間もない方に向けて、商工会と商工会議所がそれぞれどんなものなのか、またその違いについて詳しくご紹介していきます。

TOPへ戻る